読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォント

使用するフォント

ReactOSの日本語のフォントはDroid Sans Fallbackが標準になっているようですが、svnからダウンロードしたReactOSのソースには、Droid Sans Fallbackは含まれていないようです。
そのため、Droid Sans Fallbackのフォントを入れてみたのですが、設定の方法がきちんと理解できていないこともあり、フォントをちゃんと設定することができませんでした(半角がすべて□になってしまいました。)。

そのため、Drroid Sans Fallbackの導入については、あまり追及するのをやめ、非公式ReactOS日本語版パッケージ配布所でも使われていた、梅フォントで設定することにしました。

フォントのインストール方法

フォントのファイルをダブルクリックすると、インストールボタンが表示されるので、インストールボタンを押すことで、フォントがインストールできます。

レジストリ

FontLinkが動作していないようなので、レジストリのうち、tahoma関係を書き換えます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes\

Helv REG_SZ Ume Gothic
MS Sans Serif REG_SZ Ume Gothic
MS Shell Dlg REG_SZ Ume UI Gothic
MS Shell Dlg 2 REG_SZ Ume UI Gothic
MS UI Gothic REG_SZ Ume UI Gothic
MS UI Gothic 2 REG_SZ Ume UI Gothic
Tahoma REG_SZ Ume Gothic

フォントの初期設定

コントロールパネルの上級者向け設定にある、非UNICODEプログラムの言語バージョンをJapanease以外からJapaneseにすると、初期設定のままでは、使うフォントがDrid Sans FallBackとなりますが、Droid Sans FallBackをインストールしていない場合には、文字化け(文字が□になる。)が起こります。

これは、レジストリが、font.infで初期化されるためですので、fonts.inf(c:\ReactOS\inf\font.inf ソースの場合には、reactos/media/inf/font.inf)に正しい初期値を設定します。
Font.CJK.Regをもとに、「Droid Sans Fallback」を「Ume Gothic」等のお好みのフォント名に置き換えたFont.Japan.Regを作ります。

[Font.Japan.Reg]
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Arial",0x00000000,"Liberation Sans"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Courier",0x00000000,"FreeMono"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Courier New",0x00000000,"FreeMono"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Fixedsys",0x00000000,"Fixedsys Excelsior 3.01-L2"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Helv",0x00000000,"Ume Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Helvetica",0x00000000,"Liberation Sans"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Lucida Console",0x00000000,"DejaVu Sans Mono"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","MS Sans Serif",0x00000000,"Ume Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","MS Shell Dlg",0x00000000,"Ume UI Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","MS Shell Dlg 2",0x00000000,"Ume UI Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","MS UI Gothic",0x00000000,"Ume UI Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","MS UI Gothic 2",0x00000000,"Ume UI Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Tahoma",0x00000000,"Ume Gothic"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Terminal",0x00000000,"DejaVu Sans Mono"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Times",0x00000000,"Liberation Serif"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Times New Roman",0x00000000,"Liberation Serif"
HKLM,"SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes","Tms Rmn",0x00000000,"Liberation Serif"

cp932(Shift-JIS)の参照先を、Font.CJK.Regから上で作ったFont.Japan.Regに変更します。)

; cp932/cp932 Japanese
[Font.CP932.96]
AddReg = Font.Reg.96
AddReg = Font.Japan.Reg

[Font.CP932.120]
AddReg = Font.Reg.120
AddReg = Font.Japan.Reg

注意

SJISのソフトウェアは、非UNICODE向けの言語バージョンをJapaneseにする前にインストールすると、スタートメニューなどが文字化けしまいます。
Japaneseにする前にインストールしたソフトウェアのスタートメニューは、後から非UNICODE向けの言語バージョンをJapaneseにしても直らないようです。